あきたさけ!

秋田に生まれて34年。秋田市のグルメやカフェ、そして地酒の魅力をお伝えします。

秋田のお菓子『バナナボート』にプレミアム?味の違いを感じてみました。

秋田のお菓子『バナナボート』にプレミアム?味の違いを感じてみました。

 

「バナナボートにプレミアムが出てるけど何が違うの?」

「けっこう値段に差があるんだけど、そんなに味に差があるの?」

 

今回は、そんな疑問に答えます。

 

こんばんは、さるあみです。

 

買いましたよ、プレミアムバナナボート。

あまりにも気になってしまって、『夏までに痩せる』という言葉も忘れて買ってしまいました。

 

価格はおどろきの158円(税抜き)。

週間特売で売価が入っていてこの価格です。

ふつうのバナナボートが特売価格98円(税抜き)であることを考えると、まさにプレミアムといえますね。

 

そんなプレミアムバナナボートなのですが、いつものバナナボートと何が違うのでしょうか。

せっかくの機会なので、いつものバナナボートと食べ比べをしてみました。

 

この記事を読むことで、材料の違い、こだわりはもちろん、味の違いについても知ることができます。

「価格差に驚いてなかなか買えない」という方にとって有益な情報になってくれるはずです。

ぜひ、購入までの参考にしてみてくださいね。

 

それでは、いってみましょう。

 

 

プレミアムバナナボートの原材料はここが違う

プレミアムバナナボートの原材料はここが違う

 

いつものバナナボートとプレミアムバナナボートの大きな違いは『小麦』と『クリーム』にあります。

 

小麦には、県産小麦『ねばりごし』を20%使用。

なじみのない名前の小麦ですが、弾力のある小麦粉として知られていて、“うどん”や“すいとん”などに向いているとされています。

日本人にあう食感の小麦粉ともいわれていて、ラーメンの麺につかう人もいるほど。

そのモチモチ感から、ピザの生地として試作するお店もありました。

 

そんな、可能性にあふれた小麦粉こそが『ねばりごし』です。

 

そして、もうひとつの違い。

もうひとつの違いはクリームにありました。

 

プレミアムバナナボートのホイップクリームには、鳥海高原のジャージー牛乳が7%使用されています。

残りの93%は北海道産の生乳です。

実はこの7%が曲者で、味の感じ方に差を生んでいました。

 

というわけで、次の項では味の違いをみていきましょう。

 

バナナボートとプレミアムの味の違いは?

バナナボートとプレミアムの味の違いは?

 

あくまでも個人の感想となってしまうのですが、生地からすでに違いを感じました。

 

生地は、いつものバナナボートが“ペーストのようなしっとり感”。

それに対してプレミアムのほうは、“生地のあいだに小麦が立っているかのような隙間”を感じます。

言葉を選ばずにいうなら、いつものほうは『歯切れがわるく』、プレミアムは『歯切れが良い』といったところです。

 

クリームは、プレミアムのほうがほんの少しだけ濃厚。

ちょっとだけ塩気のようなものを感じました。

これがクリーム由来のものである自信がないため、断言はできません。

もしかしたら『ねばりごし』由来のものかもしれません。

 

バナナについては違いがあるようには思いませんでした。

「賞味期限1日の差で色って変わるものなんだなあ」程度の感覚です。

 

というわけで、『感じた違い』をまとめるとこのようになります。

プレミアムは、

 

  • 生地の歯切れがいい
  • クリームは少し濃厚
  • どちらかからわずかな塩気
  • バナナに差はない?

 

プレミアムバナナボートの商品情報

 

これを見るとダイエッターがギクリとするであろう、『栄養成分表示』のお時間がやってまいりました。

覚悟してまいりましょう。

プレミアムバナナボートの成分はこのようになっています。

 

  • 熱量:349kcal
  • タンパク質:5.9g
  • 脂質:17.2g
  • 炭水化物:42.9g
  • 食塩相当量:0.5g

 

ちなみに、カップヌードルのカロリーは353kcalです。

どちらを食べるかと問われれば、私は迷わずバナナボートと答えます。

コンビニスイーツで悩まなくても、秋田にはこんなにもおいしいスイーツがあるのですから。

 

秋田のお菓子『バナナボート』にプレミアム?味の違いを感じてみました:まとめ

結局のところ、『いつもの』と『プレミアム』どちらが美味しいのか。

その答えは、

 

『好みによる』

 

です。

 

正直にいってしまえば、私は『いつもの』のほうが美味しいと感じました。

きっとそこには慣れすぎた味わいがあったのだと思います。

いつも食べている味が、やはり美味しかったんです。

 

がんばった日のご褒美にプレミアム。

がんばる毎日にいつものを。

 

……ん?

 

ま、まあ、何かに理由をつけてバナナボートを食べましょ食べましょ。

ちなみに、ちょっと飽きてきたらバナナの入っていないフルーツボードもあります。

ぜひぜひ、あなたに合ったボートを見つけてくださいね。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

よいボートライフを。