あきたさけ!

秋田に生まれて33年。もっと知られてほしい秋田を発信します!

【新政グリーンラベル】の感想・評価:秋田に生まれてよかった!

こんばんは、さるあみです。

 

あなたは『新政』を知ってますか?

秋田の地酒といえば、まず最初に挙げられるであろう日本酒ですよね。

造りに徹底したこだわりをもっていることでも有名です。

 

 

これらへの移行を10年とかからず終えてしまう、圧倒的な行動力と決断力。

そして、アイデアの豊富さ。

どれが欠けても今はなく、どれも欠けなかったからこそ今の『新政』があると言えます。

 

たとえば、

 

 

挙げればキリがないほど、他を圧倒するセンスです。

 

そしてそれは、味だけでなくラベルにもよく現れています。

もし酒販店で新政を見かけたら、『名前』と『ラベル』にも注目してください。

そこには、控えめにいっても高いセンスがあります。

そんな“奇抜”の一言では片づけられない作品の数々を、新政はこの10年間で発表し続けてきました。

 

が、しかしです。

 

そんな近代的なデザインが目をひく中で、ひときわ異彩を放つ作品が新政にはあるんです。

それが『新政グリーンラベル』。

 

“普通”のラベルの新政です。

 

 

新政グリーンラベルとは?

f:id:saruami33:20190926223151j:plain

新政グリーンラベルとは、“秋田県内限定販売”の新政です。

 

いわゆる『新政の酒』として有名なものは、すべてが四合瓶のみの販売。

720mlの規格でしか造られていないんです。

ところが、この『新政グリーンラベル』は真逆をいきます。

 

『新政グリーンラベル』の販売は、1.8Lのみ。

 

さらに、『新政』のなかで唯一、スーパーマーケットにも卸しているお酒なんです。

ただし、頻度はかなり低いです。

入荷は数ヶ月に一度といったところで、まず見かけることはありません。

お店によっては入荷しても売場に出さないところもあるため、客側からすれば『入荷しているのかすらわからない』というのが現状です。

 

買うために必要なものは、『運』と『胆力』。

 

「新政グリーンラベルって入荷してますか?」

 

このひとことが言えるか否かで、出会える確率がグンと変わります。

なにせ「入荷していない」と言われてしまった場合、次は尋ねづらいですよね。

“何度も尋ねる胆力”がかなり重要になってきます。

 

元スーパーの酒担当者目線でいわせていただくと、『新政グリーンラベル』はウンザリする商品でした。

殺到する問い合わせの数々。

 

「ありますか?」

「いつ入荷しますか?」

「入荷したら連絡もらえますか?」

 

『新政グリーンラベル』には本当に振り回される日々でした。

 

なぜ、そこまでの需要があったのか。

それはなにも『希少価値』だけではなかったんです。

 

『味』×『価格』×『希少価値』

 

新政グリーンラベルには、“こんなお酒が1.8Lも飲めるありがたさ”があったんです。

 

新政グリーンラベルの味は?

f:id:saruami33:20200216035622j:plain

新政グリーンラベルの味わいには尖るものがなく、高い次元で調和がとれています。

そのため、もはや水のように飲めてしまいます。

 

『No.6』や『ラピス』のようなガス感とフレッシュさは、たしかにありません。

『エクリュ』ほどの酸味もないので、やはり“調和がとれている”という言葉がよく似合います。

 

好みになってしまいますが、私は、いま挙げた3種類よりも『新政グリーンラベル』のほうが美味しいと感じました。

だからこそ、『1.8L』という点がひときわ輝くんです。

 

「こんなお酒が一升飲めるのか」

 

この感覚には、人にリピートさせるだけの力があります。

 

新政グリーンラベルの価格は?

f:id:saruami33:20200216035651j:plain

「新政グリーンラベルとは『希少価値』だけで選ばれているわけではない」というお話を前述し、さらに『味』についてもお伝えしました。

 

『味』×『価格』×『希少価値』

 

残るは『価格』です。

もしかすると、これがいちばんあなたにとって響く項目かもしれません。

 

新政グリーンラベルの価格は、1850円(税抜き)です。

四合瓶の価格ではありません。

一升。

1.8Lの価格が、1850円(税抜き)なんです。

 

下手をすれば四合瓶のラピスがこのくらいの価格です。

No.6だってR-typeであれば正規の価格で1500~1600円ほど。

もし、『ラピス』よりも『No.6』よりも好みの味であるならば、『新政グリーンラベル』は破格も破格ですよね。

喉から肝臓がでるほど欲しくなるのもわかります。

 

新政グリーンラベルを買うにはどうしたらいい?

f:id:saruami33:20200216035716j:plain

新政グリーンラベルを確実に買う方法は、まずありません。

可能性があるとすれば前述したとおり、『運』と『胆力』次第となってきます。

 

ただ、飲めるお店はあります。

 

『新政グリーンラベル』が飲める店として一例を申し上げると、

 

  • 川反バル(大町)
  • 我楽(中通)

 

上記のお店であれば定番メニューとして取り扱っていますので、品切れしていない限りは飲めるはずです。

 

NEXT5(新政・ゆきの美人・山本・一白水成・春霞)の中から他におすすめの商品は?

NEXT5とは、新政、ゆきの美人、山本、一白水成、春霞の5つの蔵からなるユニットです。

秋田ではどこも有名な蔵で、味の評判もすばらしいものばかり。

毎年、5つの蔵が協力して1つの日本酒をつくることでも業界をにぎわせています。

今回はそんなNEXT5のなかから2本、おすすめ商品をご紹介します。

 

山本合名『山本ピュアブラック』

山本友文氏が杜氏制をなくし、みずから酒づくりに打ち込んだ最初の1本です。

 

www.saruami-sake.work

 

栗林酒造『春霞 純米酒

通年で買える春霞といえば、まず挙げられるであろう『純米酒』です。

味わいは伸びやかで芯があります。

この芯にハマればあらゆる春霞に挑戦してみたくなりますよ。

 

www.saruami-sake.work

 

新政グリーンラベルの感想・評価:まとめ

新政グリーンラベル以外のおすすめ商品をいくつか紹介したかったのですが、飲む機会がなくて紹介することができません。

『エクリュ』や『ラピス』『No.6 R-type』であれば紹介はできます。

ですが、それは“かろうじて飲めたもの”に過ぎません。

 

言ってしまえば、“それしか飲んだことがない”んです。

 

他の味を知らずにおすすめを語るわけにもいかないので、控えさせていただきますね。

 

新政グリーンラベルに話を戻すと、やはり『うまいものはうまい』です。

もはや価格と味のバランスが壊れていますよね。

他にうまい酒がたくさん並んでいたとしても、誘惑できるパワーがあります。

 

ですが、お酒は嗜好品。

好みがあります。

全員がうまいという酒はあっても、好みかどうかを決めるのはあなたです。

 

どうか、無理のない日本酒選びをしてくださいね。

 

※合わせて読みたい

 

www.saruami-sake.work

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村