あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【天の戸 ランドオブウォーター生】の評価・レビュー:大人の湧水!

天の戸 ランドオブウォーター生 評価・レビュー

こんばんは、さるあみです。

 

秋田の夏酒として毎年みかける『天の戸 ランドオブウォーター生』。

「今度来たら買おう」

「次きたときにまだあったら買おう」

なんて思っていませんか?

 

実は、『天の戸 ランドオブウォーター生』の発売時期は5月。

初夏のころなんです。

なので、真夏のころには売り切れている、なんてことも十分にあり得ます。

 

そこで、ここへいらしたあなたに質問です。

 

「もしかして、いま、あなたの目の前にランドオブウォーター生がありますか?」

 

酒屋さんやスーパーにいて迷っているのでしたら、間違いなく“買い”です。

あなたがこの記事を“8月下旬まで”に読んでいるのなら、ならさら“買い”です。

 

ちょっと私の感想を交えつつ、ランドオブウォーター生について見ていきましょう。

 

 

『天の戸 ランドオブウォーター生』ってこんな日本酒

『天の戸 ランドオブウォーター生』は、浅舞酒造の蔵内に湧きだす『琵琶沼寒泉』をイメージしてつくった1本です。

発売の時期は5月。

秋田ではまだ春の出口といったころに出る日本酒です。

 

『琵琶沼寒泉』とは、皆瀬川と成瀬川の地下を流れる水による湧水群のことをいいます。

伏流水の辿りつく沼の形が、琵琶に似ていることから名付けられました。

その水質は『軟水』で、まさに酒づくりには最適。

横手市の酒造を語る上では欠かせない湧水です。

 

さて、そんな軟水をイメージした1本。

どんな特徴があるのでしょうか。

 

もともと浅舞酒造は、“蔵から5キロ以内にある原料しか使わないこと”をモットーに酒造りをされている酒造です。

なので、原材料はすべて地元のものを使用しています。

そこはこだわり。蔵のポリシーなので、変わることはありません。

 

では、ランドオブウォーター生のポイントはどこにあるのか。

答えは、酵母にありました。

ランドオブウォーター生に使われているのは、

 

“きょうかい10号酵母

 

酸を抑えて高い吟醸香を生むとされる、1977年生まれのちょっと古い酵母です。

吟醸酒純米酒に向く酵母ともされています。

 

さらに、酒米は『美山錦』を使用。

酒米のクイーンとも呼ばれる美しい味わいは、雪国の日本酒をより輝かせます。

 

『生酒』というみずみずしさ。

吟醸酒向けの『酵母』。

そして、上質な『酒米』。

 

これらが合わさることで、『天の戸 ランドオブウォーター生』が生まれました。

 

『天の戸 ランドオブウォーター生』を飲んでみて

これはもう、一言であらわせます。

 

“大人の湧水”

 

香りは、静かにツーンと酸がのぼります。

ツーンだと言葉が強すぎるので、すーん?

すーんと香ります。

はじめて使いました。

 

口当たりは、スッキリやわらか。

じわっとくる甘酸っぱさが、苦みと合わさってよく引き締まっています。

 

うまみは、さらさら。

口のなか全体でみれば水のようなのに、舌の上でのみ透明感がありません。

フルーティーではなく、華やかでもない。

なのに、夏を思わせる。

甘さで伸びず、ビターな余韻で締める味わいがたまりません。

 

夏向け。

まさに夏酒です。

 

最後まで重みがないので、なんとなく飲んでいるうちにグラスが空になっていました。

季節をあらわすお酒って、いいですね。

 

『天の戸 ランドオブウォーター生』の商品情報

  • 使用米:美山錦
  • 精米歩合:55%
  • アルコール分:15度
  • 日本酒度:+2
  • 酸度:1.5
  • 酵母:きょうかい10号
  • 発売時期:5月~

 

まとめ:甘く垂れない大人の湧水。まさに夏向け!

というわけで今回は、浅舞酒造の『天の戸 ランドオブウォーター生』を紹介させていただきました。

いかがでしたか?

 

あなたが商品名で検索してきてくれたのであれば、きっとまだ間に合います。

まだ、市場には並んでいるはずです。

 

ひやおろしの頃になると、味わいのトレンドが変わってしまいます。

“スッキリさっぱり”ではなく、“ノリと熟成”が求められるようになるんです。

なので、その前に。

残暑がきびしいうちに、あなたもぜひ、最後の夏酒として楽しんでみてくださいね。

 

『天の戸 ランドオブウォーター生』は、秋田の夏にはかかせない1本ですよ。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※日本酒選びに迷ったら読んでみてね

 

www.saruami-sake.work

 

www.saruami-sake.work

 

www.saruami-sake.work