あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【天の戸 いちほづみ スパークリング】の評価・レビュー!甘みが退く大人のシュワシュワ。

 

こんばんは、さるあみです。

 

青色の小瓶で2種類の販売となった『天の戸 いちほづみ』。

どちらもアルコール分10%と、いま流行りの低アルコールで仕込まれています。

 

デザインはほぼいっしょ。

とはいえ、日本酒とスパークリングです。

舌ざわりの違いはもちろん、アルコールの感じ方も変わってくるに違いありません。

 

  • 飲みやすさ
  • 味わい

 

スパークリングが持つ軽快なイメージは、“そのままそう感じるもの”だったのか。

今回は、スパークリングのほうにスポットライトをあてていきたいと思います。

 

先にこちらの記事を読んでおくともっと楽しめますので、ぜひこちらもご覧ください。

 

www.saruami-sake.work

 

それでは、いってみましょう。

 

『天の戸 いちほづみ スパークリング』を飲んでみた!

まず、グラスに注いでみて感じたのは、強めのにごり。

そして、踊り踊る泡です。

 

口に含んでみると、甘さが退くほどのシュワシュワ感!

おもわず、「こんなに!?」とのけ反るほどでした。

今まで飲んできた『活性』や『スパークリング清酒』のなかでも、炭酸の感じ方はトップクラス。

ちいさな瓶のなかに、おおきな可能性が秘められています。

 

ただ、飲みやすさで言えば不思議なもので……

 

“スパークリングじゃないほうが飲みやすいです”

 

というのも、いちほづみの持つ特性なのか、それとも若い酒ゆえなのか。

味わいには、気になるだけの青さがあります。

クセと言ってもいいかもしれません。

 

その『青いクセ』が、スパークリングのほうは『押し上げて』くるんです。

ガス感でよりクセを感じやすくなっています。

なのでスパークリングは、

 

“飲めない人はいないと思うけど、好みが分かれる”

 

そんな印象を受けました。

 

個人的には、スパークリングは苦手な味わい。

通常の『いちほづみ』のほうが、引っかかるものなく飲める素敵な1本でした。

 

『天の戸 いちほづみ スパークリング』の商品情報

『いちほづみ』のスペックは、『通常品』『スパークリング』共通です。

 

  • 使用米:一穂積
  • 精米歩合:40%
  • 日本酒度:-23
  • 酸度:1.7

 

数値でみれば『超甘口』の酸高め。

精米歩合は、出品酒にも匹敵するぜいたくさを抱えています。

 

まとめ:『天の戸 いちほづみ スパークリング』は、甘みが退く大人のシュワシュワ

最後に、それぞれがどんな人にオススメかまとめてみますね。

 

☆スパークリングはこんな人にオススメ

 

  • 白ワインが好きな方
  • シャンパン、スパークリングワインを好む方
  • 濃いめの肉料理に

 

☆いちほづみはこんな人にオススメ

 

  • 女性の方
  • 日本酒初心者の方
  • 甘口が好みの方
  • 食後酒を探している方

 

といった感じです。

-23という低い日本酒度にかまえてしまうかもしれませんが、軽やかな飲み口がクドく感じさせません。

なので、

 

「めっちゃ甘そう……」

 

という先入観を捨てて、ぜひ試してみてくださいね。

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※日本酒選びに迷ったらこちらもどうぞ

 

www.saruami-sake.work