あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

米を育てた水でつくる。その循環が生んだ、澄んだ酒!『天の戸ランドオブウォーター』

こんにちは、さるあみです。

毎日のToDoリストに、腰に湿布を貼るが追加されました。

 

さて。

当たり前のようで当たり前でないのが、酒米を育てる水で酒を仕込むこと。

ウイスキー業界では、仕込んだ水で加水するのがいちばんうまい、なんて言葉を耳にすることがよくありますよね。

 

その、もっとも馴染む、調和がとれるであろうお酒がこちら。

f:id:saruami33:20190618104938j:plain

浅舞酒造『天の戸 純米吟醸 ランドオブウォーター』

強くないのにしっかり香る、おだやかな甘酸っぱさ

このお酒を一言でいうなら、水のよう。

名前にウォーターが入っているゆえの先入観ではありません。

一口目から飲み終わりまでのスムーズさが、水を思わせてくれるんです。

 

不思議なことに、気がついたら飲み終えていました。

 

県産の美山錦を55%まで磨いた一本は、バランスがよくて、否定的な感想も出ません。

穿った感想を探しているうちに飲み終えてしまった、本当に不思議なお酒です。

 

飲みきったあとに、「やばい、感想メモってない……」と気づくほど、すいすい飲めてしまいました!

バランスのよさに軽やかさがあるからなのかな?

いくらでも飲めてしまう、ステキな日本酒でした。

 

まとめ

香りはしっかりと立ちのぼるのに、過度の強さがない甘酸っぱさ。

味わいは同じく、角のない、やわらかくてやさしい味わい。

 

磨かれた美山錦と、それを育てた仕込み水。

+2.0という日本酒度と1.5の酸度。

アルコール度数15%。

それらすべてが生んだ調和こそが、まさに湧き水。

イメージどおりのお酒を造りだす技術の高さが伺えます。

 

夏が来るたびに飲みたくなる一本ですよっ。

……夏本番には売り切れてそうなので、初夏に飲むのがおすすめかもしれません。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございます。

よい晩酌を!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■製品情報

  • 秋田県産 美山錦100%(特別栽培米)
  • 精米歩合 55%
  • 酵母 協会10号
  • 日本酒度 +2.0
  • 酸度 1.5
  • アルコール分 15%

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー