あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

『あくらビール 秋田美人のビール』の感想・レビュー。シンプルでライトな正統派。

あくらビール 秋田美人のビールの感想・レビューまとめ

こんばんは、さるあみです。

 

あくらビールといえば、まず最初に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

『秋田美人のビール』。

なんだか美容に良さそうなネーミングですよね。

 

実は、本当にそのとおり。

美容にいいんです。

 

というわけで今回は、あくらビールの大定番。『秋田美人のビール』を紹介していきます。

『秋田美人のビール』がどう美容によくて、どんな味だったのか。

ぜひ、最後まで読んで楽しんでいってくださいね。

それでは、いってみましょう。

 

 

『秋田美人のビール』ってどんなビール?

『秋田美人のビール』とは、女性にうれしいコラーゲンのためのビールです。

 

コラーゲンは肌にハリを与えてくれる大切な成分。

ですが、加齢とともに増えるコラゲノーゼ(コラゲナーゼ)という酵素によって破壊されていきます。

酵素というより毒素というべきかもしれません。

女性にとっての大敵となるのが、このコラゲノーゼ(コラゲナーゼ)なんです。

 

さて、そんなコラゲノーゼ(コラゲナーゼ)ですが、加齢とともに増加するとしたら防ぎようがないと思いますよね。

実は、あるんです。

コラゲノーゼ(コラゲナーゼ)を抑制する成分が。

 

それは、誰もが知っているあの成分。

ポリフェノール”です。

 

ポリフェノールとは、植物のもつ苦みや渋みの元となっている成分で、ホップにも含まれています。

ただ、一般的な醸造方法だと、ホップのポリフェノールってほぼなくなってしまうんです。

 

「いったいどうやったら残せるのか」

 

あくらビールは、秋田県総合食品研究センターとの共同開発に乗り出します。

そうして生まれたクラフトビールこそが今回の1本。

つまり『秋田美人のビール』とは、

 

“ホップのポリフェノールを残すことに成功したクラフトビール

 

なんです。

 

『秋田美人のビール』の感想は?

『秋田美人のビール』の味わいは、ひじょーーーーにシンプルです。

 

“ものすごくシンプルでライトなビール”

 

ピルスナーよりも苦みはなく、グビグビ飲める軽さがあります。

それもそのはず、『秋田美人のビール』のIBU(国際苦味単位)は18しかありません。

これはスーパードライ(IBU16)にも匹敵する低い数値です。

一番搾りですら21なので、その低さが伺えます。

 

また、味わいにはこんな特徴があります。

 

“舌ざわりに丸みとやわらかさ”

 

苦みの少ないビールで、かつ、舌ざわりにも刺激が少ないです。

そのため、人によっては物足りないと感じるかもしれません。

感想がない。

うまい不味いではなく、普通。

クラフトビールに『個性』を求める人にとっては、味わいに個性を見つけるが難しい1本です。

 

ただ、秋田美人のビールの特徴からみてもわかるとおり、メインターゲットは女性です。

個性は『特徴』にあり。

なので、むしろライトな味わいだからこそ良いのだと考えます。

「ビールの苦みが苦手」という女性にこそ飲んでいただきたい、秋田美人のためのクラフトビールでした。

 

『秋田美人のビール』の商品情報

  • スタイル:ミュンヘナーヘレス
  • アルコール分:5%
  • IBU:18
  • 使用ホップ:横手産IBUKI
  • 容量:330ml
  • 参考価格:550円

 

ミュンヘナーヘレスとは、ドイツのミュンヘンで生まれたスタイル。

誕生は19世紀の中頃にまで遡ります。

 

実はこの時期、あの『ピルスナー』が生まれた時期なんです。

いまでは日本でのシェアが9割を超える、一大スタイルである『ピルスナー』。

チェコが生んだビールのもっともポピュラーなスタイルです。

 

私のもっている本には、ミュンヘナーヘレスについてこのようにあります。

 

ピルスナーに刺激を受けて開発された”

 

なんだか、ビール大国のプライドを感じますよね。

負けられない戦いがあったのではないか。

そんな想像をしてしまいます。

 

『秋田美人のビール』の感想・レビュー:まとめ

味わいの個性では他のあくらビールに劣りますが、技法、製法という面では抜け出した1本。

なので、『秋田美人のビール』を飲むのであれば“飲み比べ”がおすすめです。

 

たとえば、『なまはげIPA』との飲み比べ。

にぎやかな苦みが特徴の1本と飲めば、ライトさは際立ちます。

 

また、『あきた吟醸ビール』と比べるのもおもしろいです。

『あきた吟醸ビール』は、日本酒酵母ビール酵母のかけあわせ。

鼻でも口でも鮮やかな香りが楽しめます。

 

クラフトビールの正統派と個性派を楽しむことで、あくらビールはもっと楽しくなります。

「ビールの味なんてよくわからない」という人も、あくらビールならわかります。

ぜひ飲み比べて、あなたの好みを見つけてくださいね。

 

それでは、今回はこのへんで

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※他のあくらビールのレビューはこちらから

 

www.saruami-sake.work

 

www.saruami-sake.work

 

www.saruami-sake.work

 

www.saruami-sake.work