あきたさけ!

秋田に生まれて34年。秋田市のグルメやカフェ、そして地酒の魅力をお伝えします。

【秋田晴 大吟醸】の感想・評価:すっきりとした甘さでコスパ最強!

「コストパフォーマンスにすぐれた秋田の地酒が知りたい」

「1500円以内でおいしい日本酒が飲みたい」

 

今回の記事は、そんなあなたに向けて書いています。

 

こんにちは、さるあみです。

 

『秋田』の名がつく酒造といえば、

 

  • 秋田醸造(ゆきの美人)
  • 秋田清酒(刈穂)
  • 秋田酒造(酔楽天
  • 秋田酒類製造(高清水)

 

上記の4社が有名です。

 

なかでも秋田酒造といえば『酔楽天』が有名で、”ちょっと高いお酒を出している酒造”というイメージをもちがちです。

実は、私がそうでした。

スーパーでの酒担当者時代、『酔楽天 大吟醸1.8L』の価格をみて軽くひいたのを覚えています。

 

『酔楽天 大吟醸1.8L:6,800円』

 

「ひぇ~、誰が買うの~これ!」

 

実際、年に1本売れればいいほうで、スーパーらしからぬ価格で扱いに困った経験があります。

ところがです。

ところがどっこいです。

秋田酒造には、そんな『高い』イメージを吹き飛ばす、コスパにすぐれた銘酒があるんです。

 

それこそが今回ご紹介する日本酒。

 

【秋田晴 大吟醸】です。

 

大吟醸でありながらも、価格は720ml:1300円とリーズナブル。

非常に飲みやすく、消える甘さが印象的です。

本記事では、味の感想はもちろん、秋田酒造の物販コーナーについてもふれていきます。

このお酒を知らずに過ごすなんてもったいないと思える1本ですので、どうぞ最後まで楽しんでいってくださいね。

 

 

秋田酒造とは?

秋田酒造とは、秋田市新屋にある明治41年創業の酒造です。

 

当時は『國萬歳酒造』という名前で、秋田酒造が生まれたのは昭和44年。

國萬歳酒造の「びん詰め」や「販売」を請け負う会社として設立されました。

 

「え? 國萬歳酒造なんていまあったっけ?」

 

と思われたかもしれませんが、そうなんです。

平成24年に両社が合併したことで『國萬歳酒造』の名は消え、いまの『秋田酒造』となりました。

平成24年って、割と最近ですよね。

酒造としての歴史は古くても、経営に関してはまだまだ新しい酒造といえそうです。

 

おもな商品ラインナップは、

 

  • 楽天
  • 秋田晴
  • よ~いとナ

 

今回はフラッグシップモデルの酔楽天ではなく、秋田晴。

秋田晴の大吟醸についてふれていきます。

 

『秋田晴 大吟醸』の味は?

秋田晴 大吟醸の味は?

『秋田晴 大吟醸』の味わいをひとことで表すのならこうなります。

 

”すっきりとした甘さの、コストパフォーマンスにすぐれた日本酒”

 

口にふくむと、ふんわりとした甘さが口いっぱいに広がります。

この甘さが心地いいんです。

スッと消える甘さだから、くどさがゼロ。

うすい甘さが口のなかでふんわりと香るので、やわらかな余韻があります。

大吟醸らしい透明感は見事なもので、とにかく飲みやすいですよ。

 

1杯なんてあっという間。

1本だってあっという間。

 

そんな、量を飲ませるパワーのある1本です。

 

冒頭でもお伝えしたとおりコストパフォーマンスも抜群で、

 

  • 720ml:1,300円(税別)
  • 1.8L:2,600円(税別)

 

と、かなりリーズナブル。

コスパといえば『北秋田 大吟醸』や『高清水 純米大吟醸』があがりますが、こちらも負けてはいません。

「この価格でこの味!」と驚いていただけること間違いなしですよ。

 

※『北秋田 大吟醸』の記事はこちら

www.saruami-sake.work

 

※『高清水 純米大吟醸』の記事はこちら

www.saruami-sake.work

 

『秋田晴 大吟醸』の商品情報

  • 原料米:吟の精
  • 精米歩合:50%
  • 日本酒度:+2
  • 酸度:1.2~1.3
  • 酵母:AKITA雪国酵母UT-1
  • アルコール度:15度

 

◯受賞歴

 

ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017:金賞

ワイングラスでおいしい日本酒アワード2018:最高金賞

 

原料米である『吟の精』は、実は秋田生まれの酒米

酒米のクイーンである美山錦にかわる、「秋田県独自で、吟醸酒づくりに適した酒米」を目指した結果うまれた酒米です。

 

秋田酒こまち、美郷錦、吟の精。

 

秋田でうまれた酒米は全国でも認知され、いま見事に花を咲かせていますね。

 

秋田酒造の入口には物販スペースも

秋田市新屋にある秋田酒造ですが、蔵の入口は物販スペースとなっています。

取り扱っているものは日本酒だけでなく、酒かす、地元の野菜なども。

酒かすは吟醸酒のものをつかっており、1kg430円です。

 

取り扱っているもののなかには酒造らしからぬものあり、潟上市のはちみつは、

 

  • 300g:700円
  • 600g:1,300円
  • 1200g:2,400円

 

となっています。

 

☆秋田酒造の店舗情報

 

  • 住所:秋田県秋田市新屋元町23-9
  • TEL:018-828-2080
  • 営業時間:平日10:00~17:00
  • 営業時間:土曜10:00~15:00
  • 定休日:日曜祝日
  • 朝採り野菜は平日のみの販売です

 

『秋田晴 大吟醸』の感想・評価:まとめ

『秋田晴 大吟醸』は、コストパフォーマンスにすぐれているだけでなく、入手しやすいことも利点のひとつです。

味わいは、すっきりとした甘さをもった飲みやすいお酒。

場所によっては1.8Lの扱いもあるので、飲兵衛にはもってこいの1本となっています。

 

「もっと早くに知りたかった……」

 

これが私の正直な感想です。

入手しやすいということは、いつでも買えるということ。

だから、急いで買う必要がなかったんですよね。

 

これはコスパのすぐれた日本酒すべて言えることで、”見かけるけど、あえては買わない”。

いつも見かけるお酒より、『数量限定』『季節限定』を優先してしまう。

そんな心理が、近くにあるうまい酒を遠ざけていました。

 

もし、私と同じような心理が働いてしまっているのなら、ぜひ『秋田晴 大吟醸』に目を向けてあげてください。

「いつもそこにあるもの」の大切さが詰まっていますよ。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。