あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

秋田の地酒

秋田の地酒を飲んだものからレビューしています。買うときに参考になればうれしいです。

【飛良泉 FOURSEASONS しぼりたて】の感想・レビュー:酸味の引き出し方がうまいっ

こんばんは、さるあみです。 『飛良泉本舗』が、にかほ市の四季をイメージして作り上げたFOURSEASONS(フォーシーズンズ)シリーズ。 ついに、『冬』が発売されましたね。 春は『うすにごり』 夏は『涼冷え』 秋は『ひやおろし』 と、それぞれが鳥海山の季節…

熱燗がおすすめな秋田の日本酒5選。簡単な燗の方法もあるよ!

こんばんは、さるあみです。 寒い日が続くと熱燗が恋しくなりますよね。 キンキンに冷えたグラスよりも、湯気立つ徳利。 見ているだけでも暖がとれるというものです。 特に、鍋の日なんかがいい。 熱々の食べ物に熱々の飲み物。最高です。 というわけで今回…

【白神のめぐみ 純米吟醸】の感想・レビュー:立派な箱付き。秋田限定??

こんばんは、さるあみです。 山本酒造店といえば、顔となる『山本』、そして古くから親しまれている『白瀑』が有名ですよね。 ですが、忘れてはいけない銘柄があります。 どんな国でも、世界遺産のある地であれば、かならず“ゆかりの商品”というものが存在す…

【鳥海山 生酛仕込純米酒】の感想・レビュー:2年熟成の昔ながらの生酛。

こんばんは、さるあみです。 寒い時期になると、『熟成』や『燗向け』などの文字が目に入りやすくなりますよね。 鍋を食べながら、湯気の立つ日本酒をちびり。 そんな晩酌を思い浮かべながら仕事をがんばっている方も多いのではないでしょうか。 この記事を…

【高清水 秀麗無比 しぼりたて純米】の感想・レビュー:実はシリーズ。実は秋田限定。

こんばんは、さるあみです。 秋色をイメージした『ひやおろし』に静かなデザインの『初しぼり』ときて、高清水からまた新たな1本が発売されました。 その名も、『秀麗無比』。 美しくも力強いネーミングのこの1本は、いったいどんな日本酒で、どんな味わいだ…

【出羽鶴 新米初しぼり 特別純米酒】の感想・レビュー:若い!とにかく明るい!

こんばんは、さるあみです。 酒造年度が変わる10月から仕込みがはじまり、約1か月。 新酒の季節です。 早いところでは『初しぼり』と銘打って、最初の1本が出回りはじめます。 出羽鶴もまたそう。 しぼったばかりの、若々しくも美しい生酒が発売されました。…

【雪の茅舎 荒走 生酒】の感想・レビュー:新鮮!新鮮!新鮮!

こんばんは、さるあみです。 毎年、11月になると酒好きがざわつくイベントがありますよね。 ボジョレーの解禁。 さまざまなキャッチフレーズで、ワイン好きの心を鷲掴みにしてくれるイベントです。 ですが、この時期。 ざわつくのはワイン好きだけではありま…

【雪の茅舎 山廃本醸造】の感想・レビュー:味幅の広い1本。燗でも。

こんばんは、さるあみです。 雪の茅舎といえば、白いラベルの『純米吟醸』と黒いラベルの『山廃純米』が目立ちますよね。 ですが、そのとなり。 茶色のラベルで静かに佇む、忘れてはいけない1本があります。 『雪の茅舎 山廃本醸造』 720ml1,100円(税込)とい…

【両関 純米酒 裏銀紋】の感想・レビュー:おねだん以上の価値がある!

こんばんは、さるあみです。 この1本、気になっている人も多いのではないでしょうか。 『両関 純米酒 裏銀紋』。 エントリー酒として親しまれている『銀紋』の裏バージョンということなのですが、そんなことよりまず言わせてください。 「読めねぇ」 ラベル…

【福小町 純米酒 燗辛】の感想・レビュー。夜を温めるコスパすぐれた1本。

こんばんは、さるあみです。 『禍を転じて福と為す』という言葉はこのお酒のためにあるのかもしれません。 というのも、この1本は2021年発売の新商品。 コロナ禍が生んだのかもしれない1本だからです。 この記事では、 『福小町 純米酒 燗辛』がどんなお酒な…

【まんさくの花 いものこラベル】の感想・レビュー:地味?まさか~

この1本、耳を真っ赤にして帰宅した夜が似合います。 こんばんは、さるあみです。 漫画でもなく、風景画でもなく、美麗な文字でもない。 なのに美しいと思ったラベルがあります。 それこそが今回紹介していく秋田の地酒。 “まんさくの花 限定辛口純米酒 いも…

秋田杉ジンにミニボトルが登場。これを待ってたんだ!

こんばんは、さるあみです。 今までは500mlのみの展開で、価格の高さから敬遠してきた方も多いのではないでしょうか。 試したくても試せなかった方もいるのではないでしょうか。 でも、安心してください。 ついに、ついに、待ち望んでいたものが発売になりま…

【爛漫 百田 大吟醸原酒】の感想・レビュー:40%の贅沢。未来ある味わい。

こんばんは、さるあみです。 このお酒、爛漫公式サイトにも情報がありません。 いったいどんなお酒なのか。 酒米と実際に飲んでみた感想を中心にいってみましょう。 『爛漫 百田 大吟醸原酒』の百田ってなに? 『爛漫 百田 大吟醸原酒』ってどんな日本酒? …

【高清水 新酒初しぼり】の感想・レビュー:新酒にして原酒。ロックでも崩れない。

こんばんは、さるあみです。 この1本を手にとって驚かれませんでしたか? アルコール度数:19度。 「あ、新酒だ」と思って見てみると、日本酒にしては高いアルコール度に目を疑います。 新酒にして原酒。 それが、高清水が毎年発売する『初しぼり』のもつ個…

【天の戸 純米酒 吟泉】の感想・レビュー:コスパ最高の静かな味わい

こんばんは、さるあみです。 このお酒を語るのなら、スーパーの酒担当者時代まで遡らなければなりません。 かつて売っていて感じたのはこんな印象でした。 とにかく安い 特別な時期でなくとも売れる 逆に特別な時期は売れなくなる 特別な時期とは、盆、暮れ…

【出羽の冨士 袋吊り純米酒】の感想・レビュー:まさか限定品だったとは!

こんばんは、さるあみです。 忘れられない日本酒があります。 それは、仙台の友人がとある居酒屋さんで惚れ、買うにまで至った1本。 その名でかけた手間を知り、その名で味わいに納得した1本です。 『出羽の冨士 袋吊り純米酒』 純米酒でありながらも価格は7…

【出羽鶴 SWEET】の感想・評価:味もラベルに負けない可愛さ!

白状します。 かわいいから手に取りました。 こんばんは、さるあみです。 ラベルといえば、主体となるのはやっぱり『文字』。 字体で個性をもたせたり、アルファベットでオシャレさを生んだりと、『読ませること』を意識したラベルが多いですよね。 なので、…

【福小町 貴醸酒】の評価・口コミは?凝縮された甘みとコクが飲みやすい!

こんばんは、さるあみです。 このお酒の存在を、あなたは知っていましたか? 少なくとも私は知りませんでした。 たまたま行った酒屋さんで、たまたま目に入ったから知ったにすぎません。 「なんだこれ。720mlのとなりのやつ……何ミリ入ってるんだ?」 という…

【天の戸 美稲】の評価・口コミ:これが秋田の純米。食中酒だ。

こんばんは、さるあみです。 秋田の酒飲みなら、秋田の純米、とりわけ食中酒としてまず思い浮かべるのではないでしょうか。 『天の戸 美稲(うましね)』。 コスパの『吟泉』。 辛さの『醇辛』 などと並んで陳列されていることが多く、『天の戸』ブランドの…

阿櫻 宴 ツバキアンナラベルの評価・口コミは?絵を飲むという新感覚。

こんばんは、さるあみです。 久しぶりに見た目で選びました。 『阿櫻 宴 ツバキアンナラベル』 遠目で惹かれて、近づいて惚れて、考えるよりも早く手にとった1本です。 後悔はありません。 ただ、裏ラベルをみて驚きました。 情報がほぼないんです。 わかる…

【香り爛漫 純米吟醸】の感想・評価:これはダークホース。侮るなかれ。

こんばんは、さるあみです。 ものすごく失礼なことを言わせてください。 ラベルデザインで敬遠していました。 令和の時代に、あまりにも質素なデザイン。それも花の写真です。 酒売場の担当者時代、私は思いました。 「ちょっと待ってくれ。売る気はあるのか…

秋田でしか買えない日本酒7選。秋田県内限定販売にこだわります!

こんばんは、さるあみです。 旅行にいくと、その土地で有名な日本酒って買いたくなりますよね。 あれもこれも、通販でないと買えない日本酒が目の前で売っているのですから当然のことです。 でも、ちょっと考えてみてください。 通販で買えるんです。 ネット…

【大平山 艸月(そうげつ)】は秋田県内限定。お手頃価格がうれしい。

こんばんは、さるあみです。 今回は、秋田県内限定販売の1本。 『大平山 艸月(そうげつ)』を紹介していきます。 なにせ情報のない日本酒です。 実際に飲んでみた感想が中心となるので、レビュー記事として楽しんでくださいね。 それでは、いってみましょう…

【福小町 大吟醸 秋田酒こまち仕込み】は県内限定。地産地消をおみやげに。

こんばんは、さるあみです。 今回は、ほぼ秋田県内限定販売の1本。 木村酒造『福小町 大吟醸 秋田酒こまち仕込み』を紹介していきます。 『ほぼ』というのは、買えるアンテナショップが通販をやっているからで、 『秋田県内限定販売』 という言葉には疑惑の…

【ゆきの美人 純米吟醸 山田錦 6号酵母 超辛】の感想・口コミまとめ

こんばんは、さるあみです。 今回は、『ゆきの美人』のなかでも最も辛口な1本。 『ゆきの美人 純米吟醸 山田錦 6号酵母 超辛』を紹介していきます。 正式名称がとことん長いので、どうしたものか。 『ゆきの美人 超辛』 『ゆき美の超辛』 『山田6号 超辛』 …

【刈穂 超弩級 気魄の辛口】の感想・口コミ:日本酒を超えた何か。

こんばんは、さるあみです。 この記事にたどり着いてしまったということは、あなたも存在を知ってしまったのですね。 【刈穂 超弩級 気魄の辛口】 「あまり強い言葉をつかうと弱く見える」と言った方がいましたが、この1本は格が違います。 強い言葉がそのま…

辛口でおいしい秋田の日本酒8選。辛いだけじゃないんだ、これが!

「日本酒といえば、やっぱり辛くてなんぼ」 「日本酒の甘さが苦手」 この記事は、そんなあなたに向けて書いています。 こんばんは、さるあみです。 日本酒の甘さが苦手だという人って、意外と多いですよね。 砂糖とちがった甘みですし、食事に合わせづらいの…

【高清水 無濾過純米原酒】は秋田でしか買えない日本酒。贈り物にも。

もはや手書きPOPではないと思う こんばんは、さるあみです。 このブログにたどり着いた方々が『どう検索してきた』のかを調べたところ、このような検索が多くみられました。 『秋田でしか買えない 日本酒』 ちょっと待ってください。 その検索ワードでいらし…

【刈穂 山廃純米 超辛口】の感想・口コミ:辛口好きに贈る大辛口!

こんばんは、さるあみです。 今回は、辛口好きが避けては通れない1本。 『刈穂 山廃純米 超辛口』をレビューしていきます。 ラベルにも大きく+12度と書かれているので、なかなか手に取れなかった方も多いのではないでしょうか。 この記事を読むことで、 辛…

【鳥海山 純米大吟醸】の感想・口コミ:シンプルで古きを思う1本!

こんばんは、さるあみです。 『鳥海山 純米大吟醸』といえば、2000円以下でカートン入りというお得さでも人気な銘柄です。 そのため、贈り物として遣いやすい日本酒というイメージがあります。 実際、スーパーでの酒担当者時代は、お盆や正月によく売れてい…