あきたさけ!

秋田に生まれて33年。もっと知られてほしい秋田を発信します!

秋田の地酒

秋田の地酒を飲んだものからレビューしています。買うときに参考になればうれしいです。

【秀よし 寒しぼり純米生原酒】の感想・評価:生酒と原酒のぜんぶ盛り。口当たりがスムーズで飲みやすい

「毎年みかけるから気になってる」 「家飲みで日本酒がほしいけど720mlだと多いんだよなあ」 本記事は、そんなあなたに向けて書いています。 こんばんは、さるあみです。 今回は、“毎年1月くらいから酒屋で見かけるんだけど、ラベルに情報が多すぎて結局どう…

【八重寿 生貯蔵酒】の感想・評価:変化のある味わいだけどちょっとぼんやり

「あまりの安さに気になってたけど、自分で買うのは勇気がいる」 「これってそもそも秋田の地酒なの?」 本記事は、そんなあなたに向けて書いています。 こんにちは、さるあみです。 秋田市民にとってなんでも揃うお店といえば、ドン・キホーテですよね。 お…

【一滴千両 純米大吟醸】:1500円以下で買えるコスパ酒。オエノングループおそるべし

「1500円以内でおすすめの日本酒が知りたい」 「管理も楽だし、冷やしておいしい日本酒が欲しい」 今回の記事は、そんなあなたに向けて書いています。 こんばんは、さるあみです。 今回は、ちょっと変わった日本酒をご紹介します。 といっても、変わっている…

【美酒爛漫 特別純米酒】の評価:冷やでも燗でもなんでもいける万能選手

「いろんな飲み方のできる日本酒がほしい」 「1500円以内でおもしろい秋田の地酒があれば教えてほしい」 今回の記事は、そんなあなたに向けて書いています。 こんにちは、さるあみです。 〇〇というコンテストで賞をとった、という日本酒を見かけると、つい…

【天寿純米吟醸 壱花蔵】:やさしい味わいと、ゆっくりと水に戻っていくようなキレ

「世界6位の天寿酒造から1本紹介してほしい」 「やさしい味わいの日本酒が飲みたい」 今回の記事は、そんなあなたに向けて書いています。 こんにちは、さるあみです。 2019年、衝撃のニュースが秋田県内を駆けめぐりました。 “天寿酒造が世界酒蔵ランキング6…

【高清水 無濾過純米酒】の感想・評価:手にとれば花見にいきたくなる。そんなお酒。

「カップ酒って持ち運びに便利だけど、ビンだから扱いに困る」 「缶のカップ酒があればいいのに」 今回の記事は、そんなあなたに向けて書いています。 こんにちは、さるあみです。 暖かくなってくると、外で飲む機会が増えますよね。 お花見、キャンプ、花火…

【十五代彦兵衛 純米酒】の感想・評価:香りも味わいも濃厚。パンチがいい!

「米のうまみを楽しめる日本酒が飲みたい」 「一白水成は知ってるけど、十五代彦兵衛ってなに?」 本記事は、そんなあなたに向けて書いています。 こんにちは、さるあみです。 今回ご紹介するのは、福禄寿酒造の1本。 【十五代彦兵衛 純米酒】です。 「ん、…

【秋田酒こまち 酔楽天】:3,000円以内で買える、伸びやかな甘さの銘酒

「やまやで買える秋田の地酒でおすすめが知りたい」 「予算3000円以内でいいお酒がほしい」 本記事は、そんなあなたに向けて書いています。 こんにちは、さるあみです。 今回は、秋田市新屋にある『秋田酒造』から、ちょっと贅沢な1本の、ちょっと廉価なほう…

【秋田晴 大吟醸】の感想・評価:すっきりとした甘さでコスパ最強!

「コストパフォーマンスにすぐれた秋田の地酒が知りたい」 「1500円以内でおいしい日本酒が飲みたい」 今回の記事は、そんなあなたに向けて書いています。 こんにちは、さるあみです。 『秋田』の名がつく酒造といえば、 秋田醸造(ゆきの美人) 秋田清酒(…

【新政No.6 S-type】の感想・評価:一線を画するインパクト。これまた秋田に生まれてよかった

「名前は知っているけど、どんなお酒なの?」 「そこまでして飲みたいものなの?」 この記事は、そんなあなたに向けて書いています。 こんにちは、さるあみです。 いまや名実ともの秋田イチとなった新政酒造ですが、なかなか飲む機会がありませんよね。 買お…

【大吟醸 鏡田】の感想・評価:1400人の消費者がえらんだ、世界で戦う1本

「世界一のお酒が飲みたい」 「予算3000円くらいでおいしい秋田の地酒がほしい」 本記事は、そんなあなたに向けて書いています。 こんにちは、さるあみです。 日本酒はいま、日本ではもちろん、世界でもブームがきているジャンルです。 むかしは国内だけで行…

【ゆきの美人 純米吟醸】の評価:酸味の心地よい、消える純米吟醸

「名前も味も美しい日本酒がほしい」 「NEXT5の日本酒をリーズナブルに楽しみたい」 本記事は、そんなあなたに向けた記事になります。 こんばんは、さるあみです。 今回は、NEXT5の秋田醸造から一本、コスパのよい日本酒をご紹介します。 NEXT5とは、秋田の…

【能代 大吟醸 花散里】の感想・評価:スッキリ辛口で、のどごしに存在感。

「辛口でスッキリとした大吟醸が飲みたい」 「ちょっとした話のタネになるような日本酒が欲しい」 本記事は、そんなあなたに向けた記事となります。 こんばんは、さるあみです。 今回は、貯蔵においてオンリーワンの蔵元、『喜久水酒造』からの一本。 【能代…

高清水 純米大吟醸:1500円以下ですぐ手に入るうまい日本酒。これがどれだけ凄いことか。

「1500円以内でおすすめの日本酒が知りたい」 「美味しくて、しかも手に入りやすい日本酒が知りたい」 今回の記事は、そんな方に向けた記事となります。 こんばんは、さるあみです。 秋田の地酒を語る上で、ぜったいに外せない蔵元があります。 名前を、秋田…

天の戸『美稲八◯』:黒糖のようなコクと風味が、なぜか飲みやすい

こんばんは、さるあみです。 今回は、酒米をあえて磨かない日本酒、 “浅舞酒造『天の戸 美稲八◯ 無濾過純米生原酒』” こちらをご紹介していきたいと思います。 なぜ酒米を80%までしか磨かなかったのか。 結果、その試みがどういった味わいを生んだのか。 日…

『福小町 芳香辛口』:1000円で楽しめる!燗でうまい湯沢の地酒

こんにちは、さるあみです。 毎日のように晩酌を楽しむ方にとって、酒代はなんとか抑えたいものですよね。 かといって、酒代をケチって、マズいと感じるお酒に出会うのも嫌なものです。 「1000円くらいで」 「辛口で」 「ちょっと有名なやつ」 もし、そんな…

『出羽鶴 純米吟醸 つぶぞろいのお酒』の味は?感想は?実際に飲んでみました

こんばんは、さるあみです。 今回は、食用米をつかったちょっと変わった秋田の地酒をご紹介します。 「新聞にも掲載されたので気にはなっていた」 「けど、買うのはちょっとなぁ」 という、あなたと私に向けた記事となります。 この記事を読むことで、つぶぞ…

【北あきた にごり酒】の感想・評価:ちょっと燗して金賞の味を楽しもう

こんばんは、さるあみです。 冬酒といえば、にごり。 にごり酒を燗で楽しむ夜って、あったかいですよね。 というわけで今回は、秋田のにごり。 秋田県は大館市にある『北鹿』から、『北あきた にごり酒』をご紹介します。 北あきたのにごりって、通年販売さ…

福乃友酒造『純米吟醸酒 秋上がり 秋田犬ラベル』の味は?実際に飲んでみました。

こんばんは、さるあみです。 今回は、おみやげにも最適な福乃友酒造『純米吟醸酒 秋上がり 秋田犬ラベル』をレビューしていきます。 なぜオススメなのかは名前のとおり。 『秋田犬』のラベルがひたすらにかわいいから…… だけではありません。 この記事を読む…

阿櫻酒造『かまくら 本醸造』の味は?実際に、飲んでみました。

こんにちは、さるあみです。 ストーブを持ち出す季節が近づいていますね。 気温も、夜には5度を下回る日が増えてきました。 そんな『冬』の訪れにあわせて、季節感のある日本酒がほしいと思いませんか? 雪を思わせるラベルで季節を感じ、熱燗で身も心もポカ…

『特撰 出羽の冨士 特別本醸造』の味は?実際に飲んでみました。

こんばんは、さるあみです。 たぶん。たぶんですけど、今回ご紹介するお酒が好きな人は、ほんとに秋田が好きで、秋田の地酒が好きなんだと思います。 それくらい、地域に根付いている1本。 蔵元の名前は知らなくても、銘柄の名前を知っているかたは多いはず…

やまとしずくに純米酒ってあったんか!山廃純米酒しか知らなかった……

こんばんは、さるあみです。 今回は、やまとしずく好きが無知をさらすこの企画。 題して、 “やまとしずくに純米酒ってあったんか!山廃純米酒しか知らなかった……” こちらをお届けいたします。 県南の地酒カテゴリにおいて、「あきらかに贔屓でしょ」というく…

『秀よし 特別純米酒 山田錦100%仕込み』はラベルが素朴。味は深くて美味でした。

こんばんは、さるあみです。 今回は、ラベルがちょっと質素で情報が少ない1本を『秀よし』からご紹介。 酒担当者時代、入荷したその商品をみて「え?これ売れる?」と不安になったことを思い出します。 あまり不安だったので自分で買ってみたのですが、これ…

可愛いは正義。『阿櫻 純米吟醸 無濾過原酒 AKITA雪国酵母UT-1 ゆきのふスペシャル』

こんばんは、さるあみです。 以前、“日本酒はデザイン性も問われるようになる”的な記事を書いたことがあります。 目をひくデザイン。 おもわず手にとってしまうデザイン。 それって、何も『かっこよさ』だけを求めているわけではありません。 むしろ、可愛さ…

【春霞 初しぼり生 純米酒】の感想・評価:いつかかならず思い出す。そんなお酒。

こんにちは、さるあみです。 なんかこう……どうしても好きなお酒ってありますよね。 定期的に飲みたくなる 選べなくて悩んだときに手にとってしまう なぜか気がつけば手に持っている 「なんかこれ、先週も飲んだな……」 なんて、自分でも呆れてしまうほど思い…

『角右衛門 無圧上槽 中汲み』はほんのり甘い。日本酒ビギナーにおすすめのやわらかさ。

こんばんは、さるあみです。 福小町の蔵といえば知っている方も多い湯沢市の木村酒造ですが、実はもうひとつ大きなブランドがあることを知ってましたか? その名も『角右衛門』。 大きな酒屋さんでは頻繁に目にする名前なので、気になっていた方も多いはずで…

冬めく夜に飲みたい春霞という日本酒。栗ラベル、白。

こんにちは、さるあみです。 NEXT5の蔵元でいちばん有名なのは間違いなく新政かと思います。 ですが、 「いちばんおいしいのは?」 となると、話は違ってきますよね。 お酒は嗜好品。好みは分かれるものです。 みんながうまいと言っているお酒が、必ずしも自…

食卓に雪景色。やまとしずく純米吟醸『ユキノヤマト』は晩酌に季節を呼ぶ1本。

こんにちは、さるあみです。 どれだけ酷暑だったとしても夏は終わり、秋を迎え、やがて冬がきます。 日本酒のラベルも青いものから、赤に変わり、そして白が増える。 ラムネのような涼し気な色合いから、紅葉をイメージした温かいデザインになり、やがて雪色…

これを知ってりゃちょっとツウ。やまとしずくのひやおろしの評判は?

こんばんは、さるあみです。 日本酒にとって味の乗る時期、ひやおろしの季節がきましたね。 各酒造から『去年みたデザイン』のものだったり、『おっ、お初やん』というものだったり、様々な一本が発売されています。 スーパーなんかでも、エンドコーナーを使…

【快挙!】千歳盛酒造の大吟醸『鏡田』が、秋田の日本酒から國酒へ

こんにちは、さるあみです。 みなさんは、贈り物としての日本酒ってどんなものを想像しますか? とにかく高価なもの ギフト用として売られているもの 金箔入りのもの このあたりを想像したんじゃないでしょうか。 実際、スーパーや酒販店でも、『ご贈答用と…