あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

秋田の地酒

秋田の地酒を飲んだものからレビューしています。買うときに参考になればうれしいです。

【福小町 大吟醸 秋田酒こまち仕込み】は県内限定。地産地消をおみやげに。

こんばんは、さるあみです。 今回は、ほぼ秋田県内限定販売の1本。 木村酒造『福小町 大吟醸 秋田酒こまち仕込み』を紹介していきます。 『ほぼ』というのは、買えるアンテナショップが通販をやっているからで、 『秋田県内限定販売』 という言葉には疑惑の…

【ゆきの美人 純米吟醸 山田錦 6号酵母 超辛】の感想・口コミまとめ

こんばんは、さるあみです。 今回は、『ゆきの美人』のなかでも最も辛口な1本。 『ゆきの美人 純米吟醸 山田錦 6号酵母 超辛』を紹介していきます。 正式名称がとことん長いので、どうしたものか。 『ゆきの美人 超辛』 『ゆき美の超辛』 『山田6号 超辛』 …

【刈穂 超弩級 気魄の辛口】の感想・口コミ:日本酒を超えた何か。

こんばんは、さるあみです。 この記事にたどり着いてしまったということは、あなたも存在を知ってしまったのですね。 【刈穂 超弩級 気魄の辛口】 「あまり強い言葉をつかうと弱く見える」と言った方がいましたが、この1本は格が違います。 強い言葉がそのま…

辛口好きにおすすめな秋田の日本酒8選。これが秋田の辛口だ!

こんばんは、さるあみです。 甘口でおいしい秋田の日本酒を紹介したのならやらないわけにはいきません。 『辛口な秋田の日本酒』 ですが、今回は『おいしい』をつけません。 あくまでも『辛口な秋田の日本酒』を紹介するだけの記事にします。 理由は、行き過…

【高清水 無濾過純米原酒】は秋田でしか買えない日本酒。贈り物にも。

もはや手書きPOPではないと思う こんばんは、さるあみです。 このブログにたどり着いた方々が『どう検索してきた』のかを調べたところ、このような検索が多くみられました。 『秋田でしか買えない 日本酒』 ちょっと待ってください。 その検索ワードでいらし…

【刈穂 山廃純米 超辛口】の感想・口コミ:辛口好きに贈る大辛口!

こんばんは、さるあみです。 今回は、辛口好きが避けては通れない1本。 『刈穂 山廃純米 超辛口』をレビューしていきます。 ラベルにも大きく+12度と書かれているので、なかなか手に取れなかった方も多いのではないでしょうか。 この記事を読むことで、 辛…

【鳥海山 純米大吟醸】の感想・口コミ:シンプルで古きを思う1本!

こんばんは、さるあみです。 『鳥海山 純米大吟醸』といえば、2000円以下でカートン入りというお得さでも人気な銘柄です。 そのため、贈り物として遣いやすい日本酒というイメージがあります。 実際、スーパーでの酒担当者時代は、お盆や正月によく売れてい…

【福乃友 大吟醸 福】の感想・口コミ:実は秋田県内限定販売なんです!

こんばんは、さるあみです。 福乃友酒造といえば、秋田犬デザインのラベルが有名ですよね。 そのため、贈り物やおみやげに選ばれることも多くあります。 でも、『秋田のおみやげ』という括りでみると、これを忘れるなんてとんでもありません。 『福乃友 大吟…

日の丸醸造ってどんな蔵?歴史、銘柄、コロナ禍の取り組みまとめ【まんさくの花】

こんばんは、さるあみです。 今回は、あのまんさくの花で有名な『日の丸醸造』さんをご紹介していきます。 どんな蔵なのかにふれながら、代表銘柄やおすすめ銘柄。そして、コロナ禍における取り組みをお伝えしていきます。 あまり長い記事にはしませんので、…

木村酒造ってどんな蔵?歴史、銘柄、コロナ禍の取り組みまとめ【福小町・角右衛門】

こんばんは、さるあみです。 今回はシンプルに、木村酒造さんがどんな酒造なのかについて触れていきたいと思います。 ガチガチな文章で延々と歴史を語るような記事にはなりません。 ふわっと触れて、サクッと次へ。 そんな5分以内に読める記事にしていくので…

【KuraMaster2021】TOP16に選ばれた福小町 純米吟醸はどんなお酒?

こんばんは、さるあみです。 2021年、今年もまたKuraMasterが開催されましたね。 KuraMasterとは、フランスで行われるフランス人によるフランス人のための日本酒コンクールです。 そのため、審査員はフランス人を中心としたヨーロッパの方々。 レストランや…

【ゆきの美人 活性にごり】の感想・評価:つよいガス感と苦みあるまろやかさ。

こんばんは、さるあみです。 ゆきの美人といえば、ほかの酒造と比べてちょっと寸胴なビンをつかっています。 近くにビンがあれば見ていただきたいのですが、胴の部分が太くなっているのが特徴です。 キャップもほとんどが、スクリューキャップではなく押し込…

【飛良泉 山廃 氷結生酒】の感想・評価:みぞれ状を維持するのはむずかしい!でも……

左が旧品 右がリニューアル品 こんばんは、さるあみです。 正直、待っていました。 このときを待っていたんです。 『飛良泉 山廃 氷結生酒』のデザインがリニューアルされるのを、私は待っていました。 きっとあなたもそうなのではないでしょうか。 清涼感の…

【秋田県】日本酒以外で贈り物にしたい地の酒まとめ【クラフトビール、ジン、梅酒】

こんばんは、さるあみです。 秋田県は米どころにして酒どころ。 贈り物には日本酒を選ぶ方が多いのではないでしょうか。 わたしも、県外の人へのプレゼントにはついつい日本酒を贈ってしまいます。 でも、ちょっと待ってください。 これって、贈る相手の好み…

秋田杉ジンの口コミは?実際に飲んでみたレビューとあわせてどうぞ。

こんにちは、さるあみです。 秋田杉ジンが、とんでもない快挙を達成しましたね。 『東京ウイスキー&スピリッツコンペティション2021』において、日本のクラフトジン初の『最高金賞』。 もともと、原材料に『秋田杉』をつかったことで話題にはなりました。 …

【春霞 純米酒 赤ラベル】の感想・評価:美郷錦をコスパ高くあじわうならこれ!

こんばんは、さるあみです。 春霞といえば、ラベルの色で種類わけされています。 たとえば、『赤』の純米酒。 『緑』の純米吟醸。 さらに、秋田県内限定流通の『ピンク』など、シンプルながらもさまざま。 期間限定のものを加えると、素朴なデザインをカラー…

【飛囀スパークリング】の感想・評価:たりない。1本じゃたりない。

こんばんは、さるあみです。 飛良泉本舗のあたらしい試みとして飛囀シリーズがありますが、ついにスパークリングが発売となりましたね。 酸味を楽しく飲ませてくれる『飛囀』。 そのスパークリングともなると、嫌でもワクワクしてしまうというものです。 実…

【天の戸 精撰 純米酒】の感想・評価:燗でコスパが振り切れる!

こんにちは、さるあみです。 今までコスパの良い酒をいくつか紹介してきましたが、まさかこんな日本酒があるとは思いませんでした。 『天の戸 精撰 純米酒』 その価格、なんと770円(税抜き)! ちょっと意味がわからず、瓶を手に取りながら「パック酒かな?…

【角右衛門 特別純米酒 美山錦仕込】の感想・レビュー:裏ラベルのおっしゃるとおり!

こんばんは、さるあみです。 秋田県の木村酒造といえば『福小町』をつくる蔵として有名です。 2012年のIWC(インターナショナルワインチャレンジ)において、最高賞を獲得した『大吟醸』 フランスで行われたKuraMasterにおいて、プラチナ賞を獲得した『純米…

【2021年版】ただおいしい秋田の日本酒12選。地元民がおすすめします!

こんばんは、さるあみです。 正直、ショックでした。 某有名サイトの秋田の日本酒ランキング。 10位までのうち半分が新政だったんです。 うまいのはわかります。私も好きですから。 ただ、何かがおかしくなってしまっている。 そんな気がしてなりません。 い…

【まんさくの花 純米大吟醸 超限定】の感想・評価:超限定?そう言わずに……

こんばんは、さるあみです。 もうね、ちょっと早いけど言わせていただきます。 めっちゃ好き。 まんさくの花シリーズでいちばん好きといっても過言ではない、文字通り『超限定』の1本です。 早く感想をお伝えしたいので、前置きはいれずにサクサクいっちゃい…

【まんさくの花 純米酒】の感想・評価:米。どこまでも米。食と活きる純米酒。

こんばんは、さるあみです。 まんさくの花といえば秋田が誇る地酒ですが、いろいろ種類があって選ぶのに悩みますよね。 実は、もともとまんさくの花って、 小仕込 多種多様な酒造り を売りにしているんです。 だから、そのラインナップは豊富。 地酒屋さんに…

【出羽鶴 袋吊り雫 純米吟醸】の感想・レビュー:甘みと苦みがジューシー!

こんばんは、さるあみです。 大仙市の秋田清酒といえば、『刈穂』『出羽鶴』の二枚看板。 さらに分ければ、『出羽鶴』には『やまとしずく』というブランドもありますが、今回ご紹介するのは『出羽鶴』となります。 さて、その『出羽鶴』から、特殊な搾り方を…

【奥清水 吟醸】の感想・レビュー:水を味わう、心が落ちつく1本!

こんばんは、さるあみです。 以前、こんな秋田の地酒を紹介しました。 www.saruami-sake.work 高橋酒造店の『奥清水』。 8割が県外への出荷であるため、なかなか売っているところに出くわせない地酒です。 その味わいは美しく、水を楽しむための1本といった…

【純米大吟醸 夏田冬蔵 吟の精】の感想・レビュー:これぞ吟の精、これが吟の精だ。

こんばんは、さるあみです。 浅舞酒造といえば『天の戸』が有名ですよね。 食中酒としてオススメな『美稲』。 +10度の辛口である『醇辛』。 とにかく好コスパな『吟泉』。 といったように、『天の戸』というブランドだけであらゆるニーズに応えるチカラを持…

【ゆきの美人 純米酒 完全発酵】の感想・レビュー:しっかり辛くて、しっかり高コスパ!

こんばんは、さるあみです。 日本酒において通年商品といえば、『純米酒』『純米吟醸』『純米大吟醸』などがあげられますよね。 逆に季節限定品となれば、つかったお米や酵母、それに造り方など、『ちがう点』が必ず記載されているものです。 今回触れていく…

【ゆきの美人 純米酒】の感想・評価:これが定番。若々しい純米という新ジャンル!

こんばんは、さるあみです。 ゆきの美人というと、季節商品が多いイメージがありますよね。 そこには、1年とおして酒造りが可能な環境。マンションの1階という特殊な環境が、大きく影響しています。 なぜなら、季節ごとに生酒が提供できるからです。 夏は『…

【秋田晴 純米酒】の感想・レビュー:現代の環境でつくった昔ながらの純米酒!

こんにちは、さるあみです。 秋田市新屋にある秋田酒造といえば、『酔楽天』が有名ですよね。 スーパーやアンテナショップにも並んでいることが多いので、一度は『箱』を見たことがあるかもしれません。 けど、そう。そうなんです。 『箱』なんです。 『酔楽…

【一白水成 純米吟醸】の感想・評価:お手本のような純米吟醸!

こんばんは、さるあみです。 一白水成といえば、県外向けのハイブランドとして高い人気を誇ります。 なかでも定番商品の『特別純米酒 良心』『純米吟醸』は、価格もリーズナブル。 そのため、一白水成というブランドのなかでも1、2を争う銘柄です。 でも、お…

【雪の茅舎 山廃純米】の感想・レビュー:うまみが濃厚なのに、透き通る後味!

こんばんは、さるあみです。 秋田県内では、スーパーでもコンビニでも見かけることの多い雪の茅舎。 そのラインナップは多彩で、なかなか『これだ!これにしよう!』とは決められませんよね。 特に、スーパーやコンビニ。 酒屋さんだと『季節限定品』の取り…