あきたさけ!

秋田に生まれて33年の地元民が、もっと知られてほしい秋田を発信します!

県南の地酒

『福小町 芳香辛口』:1000円で楽しめる!燗でうまい湯沢の地酒

こんにちは、さるあみです。 毎日のように晩酌を楽しむ方にとって、酒代はなんとか抑えたいものですよね。 かといって、酒代をケチって、マズいと感じるお酒に出会うのも嫌なものです。 「1000円くらいで」 「辛口で」 「ちょっと有名なやつ」 もし、そんな…

『出羽鶴 純米吟醸 つぶぞろいのお酒』の味は?感想は?実際に飲んでみました

こんばんは、さるあみです。 今回は、食用米をつかったちょっと変わった秋田の地酒をご紹介します。 「新聞にも掲載されたので気にはなっていた」 「けど、買うのはちょっとなぁ」 という、あなたと私に向けた記事となります。 この記事を読むことで、つぶぞ…

福乃友酒造『純米吟醸酒 秋上がり 秋田犬ラベル』の味は?実際に飲んでみました。

こんばんは、さるあみです。 今回は、おみやげにも最適な福乃友酒造『純米吟醸酒 秋上がり 秋田犬ラベル』をレビューしていきます。 なぜオススメなのかは名前のとおり。 『秋田犬』のラベルがひたすらにかわいいから…… だけではありません。 この記事を読む…

阿櫻酒造『かまくら 本醸造』の味は?実際に、飲んでみました。

こんにちは、さるあみです。 ストーブを持ち出す季節が近づいていますね。 気温も、夜には5度を下回る日が増えてきました。 そんな『冬』の訪れにあわせて、季節感のある日本酒がほしいと思いませんか? 雪を思わせるラベルで季節を感じ、熱燗で身も心もポカ…

やまとしずくに純米酒ってあったんか!山廃純米酒しか知らなかった……

こんばんは、さるあみです。 今回は、やまとしずく好きが無知をさらすこの企画。 題して、 “やまとしずくに純米酒ってあったんか!山廃純米酒しか知らなかった……” こちらをお届けいたします。 県南の地酒カテゴリにおいて、「あきらかに贔屓でしょ」というく…

『秀よし 特別純米酒 山田錦100%仕込み』はラベルが素朴。味は深くて美味でした。

こんばんは、さるあみです。 今回は、ラベルがちょっと質素で情報が少ない1本を『秀よし』からご紹介。 酒担当者時代、入荷したその商品をみて「え?これ売れる?」と不安になったことを思い出します。 あまり不安だったので自分で買ってみたのですが、これ…

可愛いは正義。『阿櫻 純米吟醸 無濾過原酒 AKITA雪国酵母UT-1 ゆきのふスペシャル』

こんばんは、さるあみです。 以前、“日本酒はデザイン性も問われるようになる”的な記事を書いたことがあります。 目をひくデザイン。 おもわず手にとってしまうデザイン。 それって、何も『かっこよさ』だけを求めているわけではありません。 むしろ、可愛さ…

さあ、またこの時期がくるぞ。栗林酒造『春霞 初しぼり生 純米酒』

こんにちは、さるあみです。 なんかこう……どうしても好きなお酒ってありますよね。 定期的に飲みたくなったり、迷っていて決められないときには結局そのお酒にいったり、なぜか選んでしまう日本酒。 「なんか先週も飲んだな……(笑)」 なんて、自分でも「ど…

『角右衛門 無圧上槽 中汲み』はほんのり甘い。日本酒ビギナーにおすすめのやわらかさ。

こんばんは、さるあみです。 福小町の蔵といえば知っている方も多い湯沢市の木村酒造ですが、実はもうひとつ大きなブランドがあることを知ってましたか? その名も『角右衛門』。 大きな酒屋さんでは頻繁に目にする名前なので、気になっていた方も多いはずで…

冬めく夜に飲みたい春霞という日本酒。栗ラベル、白。

こんにちは、さるあみです。 NEXT5の蔵元でいちばん有名なのは間違いなく新政かと思います。 ですが、 「いちばんおいしいのは?」 となると、話は違ってきますよね。 お酒は嗜好品。好みは分かれるものです。 みんながうまいと言っているお酒が、必ずしも自…

食卓に雪景色。やまとしずく純米吟醸『ユキノヤマト』は晩酌に季節を呼ぶ1本。

こんにちは、さるあみです。 どれだけ酷暑だったとしても夏は終わり、秋を迎え、やがて冬がきます。 日本酒のラベルも青いものから、赤に変わり、そして白が増える。 ラムネのような涼し気な色合いから、紅葉をイメージした温かいデザインになり、やがて雪色…

これを知ってりゃちょっとツウ。やまとしずくのひやおろしの評判は?

こんばんは、さるあみです。 日本酒にとって味の乗る時期、ひやおろしの季節がきましたね。 各酒造から『去年みたデザイン』のものだったり、『おっ、お初やん』というものだったり、様々な一本が発売されています。 スーパーなんかでも、エンドコーナーを使…

【熟成古酒】大曲の花火といっしょにオススメしたい蔵元『金紋秋田』

こんばんは、さるあみです。 みなさんは琥珀色のお酒といえば何を思い浮かべますか? 紹興酒? ウイスキー? ものによってはビールもキレイな琥珀色をしていますよね。 ですが、今回紹介したいのは日本酒。 大曲の花火で有名な大仙市には、ちょっと変わった…

才色兼備な秋田の日本酒。奥田酒造『純米吟醸 中汲み 花あかり』

こんばんは、さるあみです。 先日、記事にもしたSAKEGARDEN。そちらの抽選会でいただいた日本酒の感想です。 ずどん。 相場詩織✕奥田酒造✕口上人本舗=才色兼備の酒 口上人本舗、完全オリジナルの日本酒 まず何より、写真が汚い。 口上人本舗さんとそのイメ…

【お土産に最適】福乃友酒造の秋田犬ラベルがずるい。かわいいに決まってる。

こんにちは、さるあみです。 ちょっとバタバタしていてSake-Naviさんに足を運べておりませんが、かわりに買ってしまいました! 福乃友酒造『秋田犬ラベル純米吟醸酒』。 拾ってください。 こいつは……まさか……マサル? マサルじゃないか!! い、いや、そんな…

米を育てた水でつくる。その循環が生んだ、澄んだ酒!『天の戸ランドオブウォーター』

こんにちは、さるあみです。 毎日のToDoリストに、腰に湿布を貼るが追加されました。 さて。 当たり前のようで当たり前でないのが、酒米を育てる水で酒を仕込むこと。 ウイスキー業界では、仕込んだ水で加水するのがいちばんうまい、なんて言葉を耳にするこ…

【数量限定】狂おしいほど好きなネーミング!『やまとしずく ヤマトルネード』

こんにちは、さるあみです。 でましたでました! ヤマトルネード! やまとしずくってほんと好きだわ~~。 秋田清酒『やまとしずく 純米吟醸 ヤマトルネード』 『遠心分離機』でしぼった、回転が生んだお酒 そう。トルネードの由来は『遠心分離機』でしぼっ…

酸度3.8。今年も出ました!『刈穂 ホワイトラベル 純米生』

こんにちは、さるあみです。 今回レビューするのは酸度が突き抜けた日本酒、『刈穂whitelabel 純米生』。 日本酒が苦手だという人にこそ飲んでもらいたい、ちょっと変わった味わいの日本酒です。 いったいどう変わっているのか。 それは読んでみてのお楽しみ…

出羽鶴の純米吟醸マリン。カジキラベルが目をひく1本!

こんばんは、さるあみです。 仕事終わり、いつものスーパーでいつもの買い物。 そこでおもわず足を止めてしまうデザインの夏酒がこちらです。 ばびょん。 秋田清酒『出羽鶴 純米大吟醸 MARLIN』 カジキのラベルがニクいヤツ ツーンと鼻を抜ける、柑橘のよう…

(株)大納川『天花 純米吟醸無濾過原酒』、飲んでみました!

こんばんは、さるあみです。 今回は天花シリーズのなかでも、秋田酒こまちで仕込んだものを飲んでみました。 さて、以前このような記事を書きました。 saruami-sake.hatenablog.com そうです、あの大納川です。 当時はまだ門出の天花シリーズを買えてなかっ…

やまとしずくの夏のヤマト。実は純米酒だって知ってましたか?

おはようございます、さるあみです。 「最近、暑いなぁ。さっぱりとした日本酒をキリリと冷やして……」 「いや、けど、あまり高いのはなぁ。どうせ自分用だし1500円くらいで何かないかなぁ」 「どうせなら、瓶も涼しげなのがいいなぁ」 なんて思っているそこ…

酒米に自信あり! 美郷錦がこの一本に。『まんさくの花 美郷錦70』

こんにちは、さるあみです。 「あったかくなってきたし、1500円くらいでキレのいいお酒ないかなぁ」 「そこにフルーティーさがあればなぁ」 「さらに辛口だとなおいいんだけど……」 その願い、叶えます。 どどん。 今回はこちら、 日の丸醸造『まんさくの花 …

【やまとしずく山廃純米酒】の評判は?こういうのでいいんだよなぁ。酒飲みだもの。

こんにちは、さるあみです。 花マルを書こうとしたらナルトになってしまいました。 やまとしずく 山廃純米酒 さて、早速このお酒の魅力を発信していきやすよっ! もうね、好きなんですこのお酒。 ローカルな話で申し訳ないのですが、新屋のとりっこに行くと…

過ぎゆく春と来たる夏。そこには必ずこのお酒があった。『六舟サマーミスト』

おはようございます、さるあみです。 今年も出ましたね。刈穂酒造『夏純米吟醸 六舟サマーミスト』。 これうんまいの。もうね、うんまいのほんと。詳しい感想は後述しますね。 去年のわたしのメモによると日本酒度は+5。 ですが、今年のものはどうやら+4と…

秋田の伝統を飲む。『山内杜氏』『賢人』の二本立て!

こんばんは、さるあみです。 GW真っ只中。駅ナカのトピコも観光客や帰省客であふれかえっていました。 このにぎわいがずっと続いてくれたら……なんて、過ぎた願いです。 さて、本題。 アトリオンの地下にある『あきた県産品プラザ』で買えてしまうこの2本。 …

秋田の愛山は香りが段違い!この出羽鶴が大町のファミマで買えるなんて……

こんにちは、さるあみです。 秋田の酒米といえば、秋田酒こまち。 全国、日本酒業界での酒米の王様は、山田錦。 ですが今回は、ちょっと希少な酒米『愛山』を使用した一本を紹介したいと思います。 これだ! ※写真は暗いですが、記事の内容は明るいものとな…

あきた舞妓とコラボ。春色にちょっと決めた秀よし、届いてます。

秀よしで有名な鈴木酒造店から、春の趣が届きました。 その名も、『あきた舞妓 緒叶羽 純米大吟醸』 常温で活きるお酒 一般的な日本酒に比べたらアルコール度数が1度ほど高いのですが、やわらかい甘さが心地よくてそれを感じさせません。 ~のような甘さ、…

辛いじゃなくて、甘くない。『阿櫻 特別純米 無濾過原酒』

辛いの甘くなーーーーーーい!! いや、うまいですこのお酒。 凛と立つ香りは心地よく、飲めば酸度でやさしくキレる! 最初は、すごい辛口なお酒だと思ったのですが、喉をとおるときには刺すものもなく、穏やかに流れました。 辛口寄りで、かつ甘みに勝る酸…

秀よし爽快純米が962円は安すぎると思いませんか?

こんばんは、さるあみです。 夏ですね! イヤってほど夏です。 横手では35度を記録し、もはや北国とはなんなのか。 ただ、そんな暑さを吹き飛ばす1本が、秀よしから出てるってご存知でしたか? その名も、 『秀よし 爽快純米』 写真に生活感満載ですみませ…

角館桜まつりで買いたい日本酒はこの1本以外ありえない。

春の訪れを待ちながら雪景色をみる生活も終盤! 来月の今頃には、「みちのくの小京都」角館で桜が見ごろを迎えますね。 今回は、その角館桜まつりで飲みたいお酒を一本、紹介します。 ジャジャンッ! 鈴木酒造『秀よし大吟醸 角館四季 春』です! なぜこの地…