あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

木村酒造(福小町)

木村酒造ってどんな蔵?歴史、銘柄、コロナ禍の取り組みまとめ【福小町・角右衛門】

こんばんは、さるあみです。 今回はシンプルに、木村酒造さんがどんな酒造なのかについて触れていきたいと思います。 ガチガチな文章で延々と歴史を語るような記事にはなりません。 ふわっと触れて、サクッと次へ。 そんな5分以内に読める記事にしていくので…

【角右衛門 特別純米酒 美山錦仕込】の感想・レビュー:裏ラベルのおっしゃるとおり!

こんばんは、さるあみです。 秋田県の木村酒造といえば『福小町』をつくる蔵として有名です。 2012年のIWC(インターナショナルワインチャレンジ)において、最高賞を獲得した『大吟醸』 フランスで行われたKuraMasterにおいて、プラチナ賞を獲得した『純米…

【角右衛門 純米吟醸 五百万石】の感想・評価:裏ラベルのおっしゃるとおり!

こんばんは、さるあみです。 『五百万石』といえば新潟県。 それも、味わいは淡麗辛口というイメージがありますよね。 だからこそ秋田県では馴染みがなく、また、イメージが湧きにくい酒米です。 さて、そんな『五百万石』なのですが、ついにあの酒造が扱い…

【純米酒 あきた娘】の感想・評価:+10度がちょうどいい。最高品質の昔ながらの日本酒

「ご年配の方と飲む機会があるんだけど」 「どんな日本酒を飲ませても『俺には甘いなぁ』と言われてしまう」 本記事は、そんなあなたにオススメな記事となっています。 こんにちは、さるあみです。 日本酒を語る上でどうしても出てきてしまう壁が、“世代によ…

【福小町 芳香辛口】の感想・評価:1000円で楽しめる!燗でうまい湯沢の地酒。

こんにちは、さるあみです。 毎日のように晩酌を楽しむ方にとって、酒代はなんとか抑えたいものですよね。 かといって、酒代をケチって、マズいと感じるお酒に出会うのも嫌なものです。 「1000円くらいで」 「辛口で」 「ちょっと有名なやつ」 もし、そんな…

『角右衛門 無圧上槽 中汲み』はほんのり甘い。日本酒ビギナーにおすすめのやわらかさ。

こんばんは、さるあみです。 福小町の蔵といえば知っている方も多い湯沢市の木村酒造ですが、実はもうひとつ大きなブランドがあることを知ってましたか? その名も『角右衛門』。 大きな酒屋さんでは頻繁に目にする名前なので、気になっていた方も多いはずで…

【福小町 特別純米酒】の感想・評価:素朴な味わいだから、ついまた飲みたくなる|秋田県内限定流通

「秋田に来なければ飲めない日本酒が飲みたい」 「秋田に来なければ買えない日本酒がほしい」 今回の記事は、そんなあなたに向けた記事になります。 こんばんは、さるあみです。 突然ですが、『福小町』ってスゴイですよね。 『大吟醸』は“世界一”に。 『純…

【福小町 大吟醸】の感想:評価:香り高い名酒。世界一の名はダテじゃない

「贈答用にしたいから、箱も立派な地酒がほしい」 「予算は5000円くらいがいい」 今回の記事は、そんなあなたに向けた記事なります。 こんばんは、さるあみです。 実は、『福小町』という銘柄には最初、まったく別の名が与えられていたって知っていましたか…

【福小町 純米吟醸】の感想・評価:1650円で買える、フランス人が認めた秋田の地酒

「まろやかな飲み口の日本酒が飲みたい」 「リーズナブルな価格で格がそなわっている日本酒がほしい」 本記事は、そんなあなたに向けた記事となります。 こんばんは、さるあみです。 あなたは、KuraMasterというコンクールをご存知ですか? Kuraとは『蔵』を…